2017年11月14日

一人

一人では生きていけない。助けが必要。でも、一人で生きて助けなしで生きていかなきゃいけない人だっている。誰だってそんな風にはなりたくない。でも、そうなってしまったら、その状況で生きていくしかないわけで。そんな想いを頑張ってだとかそんな安くて軽い言葉で埋め合わせなどできるはずがない。  


Posted by あきんこ at 09:47Comments(0)日々とは

2017年10月06日

諸行無常

一日一日をムダに過ごすのは良くないと分かっているけど、体も心も動かない時があって、そんな時はどうしても何もせず、人生をムダ使いしてしまう。日々同じことはないという諸行無常の教えがある。ここ最近は仏教関係の本ばかり読んでいる。なんだか病んでる、私。  


Posted by あきんこ at 10:13Comments(0)日々とは

2017年08月04日

重い

心が重すぎる。前にも後ろにも、無理。ただ、ここに2本足で立っているだけで精いっぱい。全部なくしてしまった。でもこれが本当の私なのかな。今までの自分は嘘。でもそれでも仕方がない。結局、こうなる他に何か、手はなかったわけで。夏が憎い。  
タグ :


Posted by あきんこ at 14:30Comments(0)生きるとは

2017年06月11日

こんなにもまだまだ自分には傷があると実感する。特に、人とのふれあいの中、その人たちの幸せや喜びを感じる時、自分の孤独、疎外、すべてがどっと押し寄せる。だからといって、一人のほうがラクというわけでない。自分勝手な自分。だけど、その自分勝手の自分が本当の自分で、死ぬまで抱えていかなければいけないモノなんです。疲れて、疲れて、それでも疲れてまた今日も生きるかぁ。昨日は母と家の掃除を手伝った。冷凍庫の中に4年前のお歳暮でもらったカニ足があって、お昼に食べてみたんだけど、やっぱりまずかった。母と二人でちょっと笑った。そんな何気ない日常が一番大切なんですよね。そんな日常が、そんな日常を壊してしまったのは私なんでしょうか、、、きっと。  


Posted by あきんこ at 14:45Comments(0)生きるとは

2017年04月24日

散りかけた桜のトンネルを通るのが一番すき。誰も花見なんてしてない場所に佇む桜の木が大好き。間違ったの、ウソだったの、もうやり直せないの、うぬぼれてたの、もう何も感じなくなっちゃったな。分かってる、全部自分が悪かったんだってわかっているけど。  


Posted by あきんこ at 10:55Comments(0)想いとは

2017年03月08日

ダウン

ダメ。ここんとこすこぶる心の調子が悪い。花粉症なのか、喉の調子も悪い。
最悪。おまけに持病の腰痛も一向に良くならない。どうして私だけ。そう思っても嘆いても誰も助けてくれないから、自分で自分を抱えて生きていくしかないわけで。
昨日は寝汗が半端なかった。夜中目が覚めた時体がびしょびしょ。を飲んでまた眠りにつけたものの、朝は地獄。
こんな日々がいつまで続くか。死んだ方がらくと感じる日も多くなっている。
まいった。  


Posted by あきんこ at 16:06Comments(0)日々とは

2017年01月04日

正月

今の私にとって大晦日だろうが、正月だろうが関係ない。
関係ないけど世間はソッとしてくれない。
テレビから垂れ流される感動、喜び、偽善の哀しみ。
正月は子供の写真、初詣、ご多幸...。料理。
うんざりだ。もういい。今の私は隅にそっと足を組んで座っているだけのモノ。  


Posted by あきんこ at 11:29Comments(0)日々とは

2016年12月05日

想いは残ったまま

この想いが残ったまま、どう行けというのだろう。前へ後ろへ右へ左へ?どこにも行けない。ただこの場所にとどまっているだけ。人は云う、もういい加減、そろそろ...。
どうなんだろう。私も前はそういうことを喪失を経験した人に平然とした顔でまるで自分がその人を救えるぐらい思い上がって言っていた。
でも今は、自分がその真っただ中にいる、今この今はそんな言葉、何の意味もなさない。想いってそう簡単には消えない。結局自分が経験しない限り、何も誰も、他人事なのかなぁ。
でも、悲しいこととか経験する必要もないし、できれば私も経験したくなかった。今は世間がまるで違った風に見える。怖いです。  


Posted by あきんこ at 11:29Comments(0)想いとは

2016年12月02日

とうとう12月かぁ。石川に帰ってきたら早2年。なんとか生き延びる日々が続いているけど、やっぱりぎりぎりだ。なかなか調子は上がらない。
人によって喪失感とかって、状況にもよるだろうけど、程度がありますよね。私にとってもこの喪失感に苦しんで苦しんで、でもまだその苦しみの真っ最中。この数年間はクリスマスだとか季節の移り変わりとか、何も感じなくなってしまっています。こんな想いしてまで生きる意味があるのか真剣に考えます。
でも、やっぱり何か希望があるんでしょうね、死ねないのです。
はぁー、友達も失くしてしまった。喜びも悲しみもそういう感情の向こう側に行きそうで怖い。
家族は私に起こったことは分かっているけど、どう接していいか分からないみたいですね。逆にあっけらかんと明るく接してくれるんでそれはそれで救われるかも。
時々カミソリを手にとっている時とか....、もちろん自殺するためではないですけど、そういう時とか色々と思うこともある。まあ、カミソリで自分を傷つけるって、なかなかできないですよね。痛いし。まあ、そんなことはどうでもいいか。
ちょっとまあ、このブログには毒を吐くことにしました。  


Posted by あきんこ at 15:21Comments(0)生きるとは